ヒザ下脱毛をしたいなら難波で!

露出の季節がやってきます。でも今や冬にでも生足ショートパンツやミニスカOKの時代。気を抜くこともできません。ストッキングをはいた際にも意外に気になるヒザ下の脱毛、春夏ほど露出がない間にしっかり済ませておきたいものです。脱毛サロンの激戦区、難波でヒザ下脱毛をしようと思ったら、どのサロンに行くのが一番いいのでしょうか。金額面、回数面、そして露出する部分だからこそきになる美肌効果など、いろんな面から検証してあなたに一番ぴったりのサロンを選び出すお手伝いをしたいと思います。一年中、いつ誰に見られても美しいヒザ下を手に入れるために、まず最初の1歩を踏み出しましょう。

お得にひざ下脱毛するためのプランってある?

自分のヒザ下を見てみましょう。ひざ下脱毛は、当然のごとく両方のひざ下となります。前面背面ありますので、結構広いですよね。ですからLサイズのパーツとなります。つまり、背中などと同じ扱いです。パーツ別の脱毛料金を見る際にはそこをチェックしましょう。また、ひざとひざ下はまた異なるパーツとなりますので注意が必要です。ひざ下脱毛をする際には、Lサイズのパーツの部分脱毛となりますが、これではひざはそのままです。また、毛が濃くて悩んでいる方の中には、ひざ上、つまり太ももの部分も気になるという方や、足の甲や指も毛が・・・という場合もあるでしょう。ひざ下だけやると逆に他の部位が目立ってしまう危険性もあります。後で追加するよりも、その時に考え併せてまとめてやった方が割引率が高くなるサロンが多いので、カウンセリングの際にスタッフさんに相談してみてください。3カ所以上まとめると安いとか、全身脱毛までいかなくても10パーツ分ならいくら、といったふうにまとめ割引のお得なプランを教えてくれますよ!

ひざ下脱毛はどのくらいの期間通った方がいいの?

どこのサロンでも、ひざ下脱毛は2ヶ月から3ヶ月おきに通うようになっています。これは毛周期が関係しています。実は、ひざ下は脱毛の施術をして効果がある期間、つまり成長期が4〜5カ月あるのです。しかし同様に休止期もそのぐらいあるので、思いのほか効果が出にくい部分でもあります。そのためひざ下はあせって通っても思うように効果が出ない場合があるということを知っておきましょう。人間の肌の表面に出ている毛は実は全体の1/3程度。見えている量の2倍の毛がまだ埋もれているということです。それと毛周期を考え合わせると、完全にツルツルにするにはかなり長い期間が必要になります。自己処理を楽にするためには半年から1年、ツルツルで、処理がほぼ必要ない状態にするには2年以上通う必要があるようです。ただし、個人差もありますし、通う頻度にもよりますので一概には言えません。毛周期に合わせて通うためには、時間帯等も考慮して自分が通いやすいサロンを選ぶことが最重要となります。

ひざ下脱毛に適した脱毛方法って何?

あなたのひざ下の毛は太いですか?細いですか?実はこれが脱毛サロンを選ぶ際にとっても重要になってくるのです。脱毛に一番効果が高いのはレーザー脱毛だと思われがちですが、これは毛質によります。レーザー脱毛は、毛の黒い部分、つまり毛根に反応するもの。そのため、毛が細いと思ったほど反応せず、脱毛が進まない場合もあるのです。レーザーのそのデメリットを改善したのが光脱毛だと言われ、光脱毛は産毛などにも反応しやすくなっています。また、メラニン色素に反応する脱毛方法ではないS.S.C脱毛も細い毛に対する効果が期待できます。

脱毛サロンでひざ下脱毛をするメリットって?

カミソリや毛抜きでの自己処理に比べてつるっつるのお肌をゲットすることができます。いくらムダ毛のお手入れをしても、毛穴が目立ったり黒ずんでいたりしたら魅力も半減。その点脱毛サロンで脱毛をすれば、脱毛に加えてビフォア・アフターで保湿処理、美肌処理などをしてくれるので毛穴レス&しっとりうるおい肌になれるんです。今は黒ずみがきになっているところでも、自己処理をやめてサロンでのお手入れに変えれば徐々にきれいになってきます。脱毛サロンで脱毛をしている人のひざ下と、自己処理している人のひざ下はすぐに分かるほど肌の状態が違います。それには各サロンがこだわっている美肌ローションや美肌ジェルも大きく関係しています。

効果を最大限に引き出すには?

ひざ下脱毛の効果をぐぐっとアップするために必要なこと、それは保湿です。実は脱毛は、お肌があまりにかさついた悪い状態だと効果が低下するし、状態によっては脱毛の施術ができないこともあるのです。施術ができなければ毛は減りませんからね!もう1つ、日焼けをしないようにすることです。日焼けはお肌の炎症と同じ。これも乾燥と同様に施術ができません。脱毛をしている間は、日焼けと乾燥をしっかり防ぎましょう。早く、確実にきれいなひざ下を手に入れるためにはこれが欠かせません。どの程度までなら大丈夫なのかは、各サロンで確認してみましょうね。